低用量ピルと言えばトリキュラーとマーベロン

低用量ピルと言えば、トリキュラーとマーベロンが有名です。
トリキュラーは第2世代の代表的な低用量ピルであり、マーベロンは第3世代の代表的なピルとして有名です。
トリキュラーとマーベロンには共に黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれており、これらの効果によって排卵を抑制するほか、子宮内膜を変化させることによって受精卵の着床を防ぎ、子宮頚管粘液の粘度を高くすることによって精子が子宮に入るのを阻害します。

トリキュラーには黄体ホルモンとしてレボノルゲストレル、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールが用いられています。
一方、マーベロンには黄体ホルモンとしてデソゲストレル、卵胞ホルモンとしてエチニルエストラジオールが用いられています。

第2世代に分類されるトリキュラーは、卵胞ホルモンの量を減らしながらも高い避妊効果を発揮します。
ピルに含まれている女性ホルモンの量が身体に備わっている自然なホルモン分泌のパターンと似せられているため副作用が起こりにくくなっています。
しかし、第2世代のピルには男性化作用(アンドロゲン作用)があるピルです。
男性化作用があるため、服用によって稀にムダ毛が多くなったりニキビが出たりする可能性があります。
一方、第3世代に分類されるマーベロンはそのような第2世代のピルの男性化作用(アンドロゲン作用)を極力抑えたピルとして開発された経緯があります。

トリキュラーもマーベロンも28錠タイプと21錠タイプの薬剤が販売されており、1日1錠をできるだけ同じ時間に服用します。
服用方法は、21錠タイプの場合、両薬とも28日を生理周期と想定して、21日間継続して毎日1錠ずつ薬剤を服用していき、その後7日間の休薬期間を設けます。
28錠タイプの場合には、21錠タイプと同様に21日間継続して毎日1錠ずつ薬剤を服用しますが、7錠分の偽薬(プラセボ錠)が含まれています。
そのため、28錠タイプの方がピルを服用するタイミングがわかりやすく、飲み忘れがなくなります。
含まれている有効成分は同じであるため、自分の好みで選ぶと良いでしょう。

トリキュラーにせよ、マーベロンにせよ、低用量ピルを長期間にわたって服用し続けると血栓症という副作用を引き起こす可能性があります。
ピルを服用すると血液が固まりやすくなることから、血管の中で血液が固まり血栓ができることがあります。
この血栓が血管をつまらせると脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

それぞれの成分について詳しく理解しよう

トリキュラーとマーベロンは低用量ピルとして有名で、エストロゲン(卵胞ホルモン)の合成ホルモンが含まれています。
服用方法は1日1錠3週間服用し、1週間休薬期間のある21錠タイプや偽薬であるプラセボを含んだ4週間服用する28錠タイプがあります。

トリキュラーはエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを含有していて、マーベロンはエチニルエストラジオールとデソゲストレルを含有しています。
第2世代のレボノルゲストレルにはプロゲステロンの5倍の作用がありアンドロゲンの8倍の作用があるので、体重増加などの副作用があります。

トリキュラーはレボノルゲストレルを減量し、順次生理周期後期において増量していく「漸増型3相性」とすることで副作用などを軽減することが可能です。
エチニルエストラジオールの含有量は生理周期初期や後期は同じ量で、生理周期中期に増量することで自然なホルモンのバランスに近づけるよう改良されました。
デソゲストレルはレボノルゲストレルと比較するとアンドロゲン作用が4倍と低いので、体重増加などのいろいろな副作用が少ないと言われています。

マーベロンはエチニルエストラジオールとデソゲストレルを含有する一種類の薬剤を継続して服用する1相性タイプですが、第3世代ピルは第2世代ピルに比べると血栓症などを引き起こす可能生がありマーベロンはトリキュラーと比べると血栓症の発現率が高めです。

副作用としてまれに脳梗塞などがあるので、低用量ピルを長期間服用する場合注意が必要です。
効果が優れている分副作用もいくつかあるので服用する際は医師と良く相談して、自分に合った低用量ピルを選択することで効率良く利用することができます。

トリキュラーなどの低用量ピルは通販サイトでも病院やクリニックで処方してもらうことが可能ですが、通販サイトを利用することで安く入手することが可能です。
トリキュラーを通販で買う際は海外から個人輸入する形になり、そこで便利なのが個人輸入代行になります。
面倒なやり取りは代行業者が行ってくれるので非常にお手軽にトリキュラーを入手することが可能になるので、ぜひ検討してみてください。