アフターピルとは対照的な低用量ピル

低用量ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれている薬です。
低用量ピルを服用すると血中の女性ホルモン(特に黄体ホルモン)の量が増えます。
通常、その量が増えるのは排卵後であるため、脳がすでに排卵後の状態になっていると判断し、排卵が起こりません。
排卵が起こらなければ、卵子がないため受精する可能性も低くなります。これが低用量ピルが避妊を可能とする主なメカニズムです。

低用量ピルはアフターピルとは対照的なピルです。
低用量ピルは毎日定期的に決められた時間で服用する必要がありますが、アフターピルは避妊に失敗した後に服用します。
つまり、低用量ピルは性行為の前から服用しなければならないのに対して、アフターピルは性行為の後に服用する薬です。
低用量ピルとアフターピルでは、含まれている有効成分の量も全く異なります。

低用量ピルを服用すると、自然な状態のときよりも女性ホルモンの量の変動が少なくなります。
変動を少なくすることで、精神的にも肉体的にも身体の状態を安定させることができます。
血中の女性ホルモン量を安定させ、女性ホルモンの急激な変化によって自律神経が乱れて起こる生理前症候群(PMS)を緩和します。
また、子宮内膜の厚みと関係して起こる生理痛についても、ピルの作用によって子宮内膜の厚みを減らすことができるので、生理時の経血量が減少し生理痛緩和にもつながります。

女性ホルモンの量を安定させることができるということは生理をコントロールできるということです。
一定周期で規則正しく生理がくるようになるので、生理不順の改善にもつながりますし、子宮筋腫や子宮内膜症の方は低用量ピルを服用することで痛みを軽くしたり経血の量を減らしたりすることもできます。

さらに、低用量ピルは様々な女性特有の病気を予防する効果も有しています。
身体の中に黄体ホルモンを保つことによって子宮体がんの発生確率を低減する効果や、排卵を抑えることで卵巣がんの予防にもつながると考えられています。
その他にも、卵巣のう腫や乳腺症などを予防し、貧血やニキビなども改善します。

避妊以外の効果とは?

ピルというと避妊を目的として使用するものだというイメージが強いですが、現在では女性を悩ませる数々の病気を改善したり予防したりするために使われることも珍しくありません。
例えばホルモンバランスの影響を受けるニキビや生理不順、生理痛緩和をはじめとしてPMS、子宮筋腫などの治療にも低用量ピルは役立てられています。
本来は避妊薬でありこれらの効果は副次的な作用ではあるものの、アフターピルとは異なり性行為と関係なく使用できるので低用量ピルを用いた治療法の発展が期待されています。

病気の予防という観点から考えれば妊娠の心配がない女性であっても低用量ピルの服用は有効です。
とはいえ人工的に避妊できる薬を必要に迫られないにもかかわらず使用するのは不安という方も多いでしょう。
確かに多少の副作用があるため医師の指導の下で使わなければなりませんが、きちんと用法を守っていれば大抵の場合トラブルが起こる可能性を抑えられます。
またホルモン量を変化させることによって一時的に卵巣が休んだ状態になっているだけであり、服用を止めてしばらくすれば妊娠できる身体に戻せるのもポイントです。

この他にも低用量ピルは生理の時期をコントロールできるため旅行などを気兼ねなく楽しみたいときにも効果があり、避妊や病気の予防はもちろんのこと女性の生活を向上させてくれる薬だと言えます。
さらに女性自身の体や生活を守るだけではなく卵巣の疲弊を防げるので、将来の妊娠に備えたいという方をサポートしてくれます。
低用量ピルであれば多くの問題を解決することも難しくないため、生理や病気のことで悩んでいるのであればただの避妊薬だからと敬遠せずに服用を検討することが大切です。