もしアフターピルを吐いてしまった場合は?

望まない妊娠を防ぐために有効なアフターピルは、女性が自分で自分の体を守ることが出来る効果的な避妊方法の一つです。
正しい量を性交渉から72時間以内に服用すれば高い確率で妊娠を防ぐことが可能なアフターピルは、女性の体に急激なホルモンバランスの変化をもたらすため、副作用として嘔吐しやすいというデメリットもあります。
もし嘔吐してしまった場合、アフターピルの成分がきちんと体内に吸収されていなければ避妊薬としての効果は期待できないため注意が必要です。
一般的に胃の中に入ったアフターピルの成分は、およそ2時間程度で体内に吸収されると言われているため、それ以降に吐くことがあったとしても再服用の必要はありません。
一錠タイプのアフターピルであればそのまま体調が安定するのを待ち、日常生活をおくりましょう。

また二錠タイプであれば定められた時間に再度アフターピルを服用します。
その際も嘔吐してしまった場合は服用後何時間経ったか確認することが重要です。
仮に副作用で服用後すぐに胃の中のものを吐くことがあった場合、再服用の必要に迫られます。
しかし何度も吐く行為と再服用を繰り返しては体にかかる負担が大きく危険であるため、最初から吐き気止めとアフターピルを一緒に飲むのがポイントです。

病院で処方してもらう場合はたいてい副作用を抑えるために吐き気止めも一緒に処方されますが、市販のアフターピルを利用するときは吐き気止めも忘れずに用意するようにしましょう。
アフターピルを利用する人の多くは副作用を感じるため、服用するときには肉体的にも精神的にもストレスがかかりやすいものです。
緊急避妊薬として非常に有効な働きをしてくれる頼もしい存在です。
もし望まない妊娠をしてしまう可能性がある場合は、出来るだけ速やかに婦人科を受診するなどしてアフターピルを処方してもらうか、通販などで予め手元に用意をしておくと自分の体を守ることが出来ておすすめです。

吐き気止めと一緒に服用しても大丈夫?

今現在、緊急避妊薬として処方されているアフターピルは、従来のものよりも副作用は起こり難いと言われています。
嘔吐に関してはかなり発現率が減少しており、古いタイプのものであれば50%の確率で吐いてしまうと言われていましたが、新しいものであれば約10%にまで抑えられています。
ただ、副作用が起こり難くなったといっても、大量のホルモンを身体の中に取り込むため、アフターピルを服用すると、嘔吐をしてしまうというケースもあるようです。

特に2回服用しなければいけないタイプだと、1回目・2回目の服用時に嘔吐してしまった場合、何回もアフターピルを飲まなければいけません。
そうなってしまうと、身体には大きな負担となります。
「服用したとしても、もし吐いてしまったらどうしよう」と、不安に感じている人は、吐き気止めと一緒に服用するのがおすすめです。
アフターピルと吐き気止めを一緒に飲んだとしても、アフターピルの成分が胃から吸収するのを阻害するということはありません。
吐いてしまって再服用しなければいけない状態も、高い確率で予防できるので吐き気止めも併用してみると良いでしょう。

ドラッグストアで販売されている市販の酔い止め薬であれば、吐き気止めの効果が期待できます。
吐き気止めを服用する時間は、アフターピルと同じで問題はありません。
アフターピルは服用後、約3時間程度経てば、有効成分は吸収されています。
市販の酔い止め薬の中には、服用後約4時間から6時間程度の効き目があるので、アフターピルが吸収されるまで十分に嘔吐を抑えることが可能です。
吐くこともかなりの確率で抑えられると言われているので、アフターピルと吐き気止めは併用することをおすすめします。