ピルの副作用を学ぶ女性

計画外の性交渉で妊娠してしまう可能性があるなどという場合、緊急時の避妊方法としてアフターピルの服用がおすすめです。
アフターピルを正しく服用する事によって、高い確率でピルで避妊する事ができます。

アフターピルの中でも、特に人気を集めているのが「アイピル」です。
望まない妊娠をしないよう、万が一の時に備えてアイピルの服用方法や、どのようにして避妊できるのかといった情報、そして副作用といった特徴など把握しておくと良いでしょう。

アフターピルならアイピル

アフターピルならアイピル

アフターピルの中でも特に日本で人気なのがアイピルです。
アイピルは緊急時に服用する事によって、高い避妊の効果を得られる医薬品となっています。
なぜ、性交渉を行った後でも避妊できるのかというと、アイピルに含まれている有効成分レボノルゲストレルに理由があります。

レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ働きをするホルモン製剤です。
アイピルにはこのレボノルゲストレルが、1.5mg含まれています。
通常のピルにも黄体ホルモンと同じ働きをするホルモン製剤が配合されていますが、アイピルの含有量は通常のピルの約3倍です。
一気に黄体ホルモンの量を増やす事によって避妊できるように作られています。

レボノルゲストレルには排卵を一時的に留めることで受精を防ぐ働きと、子宮内膜の増殖を抑制するという働きがあります。
排卵していなければ受精卵もできないので、妊娠する事はありません。
排卵前であればアイピルを服用して、高い確率で避妊の効果を得られるでしょう。
もし排卵後に飲んだとしても、子宮内膜の増殖を抑える効果によって受精卵の着床を予防してくれます。

コンドームでの避妊が上手くできなかった、避妊せずに性交渉を行ってしまったという緊急時に服用すれば、望まない妊娠を避ける事が可能です。
女性であればアイピルをお守り代わりとして、いつもバッグに忍ばせておくのも良いでしょう。

また、アイピルはジェネリック医薬品ですので、先発医薬品のアフターピルよりも価格が安いという点も魅力です。
アフターピルは婦人科やレディースクリニックなどで処方されています。
ただ、日本国内のクリニックでは先発医薬品のアフターピルを、処方するケースが多い傾向にあります。
アイピルはインターネット通販を利用したほうが手に入りやすいでしょう。

インターネット通販であれば受診料や処方料などがかからず、低価格で医薬品を購入できます。
日本国内でアフターピルを病院で処方してもらう場合、健康保険適用外となり自由診療です。
1万円から1万5000円程度の費用がかかります。
インターネット通販であれば数千円程度で購入できるので、かなりお得です。
アイピルはインターネット通販であれば、金銭的な負担が少なく入手できるアフターピルとしても人気を集めています。

アイピルの服用方法とタイミング

水でアイピルを飲む女性

計画外の性交渉を行ってしまった場合、アイピルを上手く活用すれば高い確率で避妊の効果を得られます。
アイピルは1錠に有効成分のレボノルゲストレルがギュッと凝縮されています。
1錠のみ服用すれば良いだけの手軽なアフターピルです。

医薬品ですので水かぬるま湯で摂取するのが、基本の服用方法です。
水やぬるま湯以外の飲み物で飲んでしまうと、場合によっては有効成分の吸収率が下がってしまう恐れがあります。
できるだけ妊娠のリスクを下げるためにも、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
アフターピルは通常のピルのように毎日服用し続ける必要はなく、計画外の性交渉を行った後に1錠のみを服用します。

よりたくさん摂取したほうが、より高い確率で避妊できるのでは?と思われるかもしれませんが、過剰摂取となり副作用を引き起こす原因となります。
アイピルは1錠のみ飲むのが正しい服用方法です。

またアイピルは服用するタイミングも、とても重要と言われています。
タイミングを間違えてしまった場合、避妊に失敗してしまう危険性もあるので注意が必要です。
アイピルをはじめとするアフターピルは性交渉後、約72時間以内に服用するのがベストなタイミングとされています。
ただ、速やかに服用したほうが、より避妊の効果が高まるのでできるだけ早いタイミングで摂取するようにしましょう。

性交渉後12時間以内に服用した場合の妊娠率はわずか0.5%です。
性交渉後すぐにでも服用すれば、高い確率で妊娠を避ける事ができます。
性交渉を行ってから24時間以内に服用すれば95%、72時間以内に服用すれば75%の確率で避妊する事ができるようです。
アイピルは妊娠する可能性がある性交渉後、72時間以内に摂取すれば良いと言われていますが、できるだけ避妊の効果を上げるには早め早めに服用するようにしましょう。

医薬品には飲み合わせの悪い薬というものがありますが、アイピルの場合は市販薬であればそれほど飲み合わせを気にする事はありません。
ただし、抗生物質であるペニシリン系の薬やテトラサイクリン系の薬、喘息を和らげる薬と一緒に服用すると思わぬ副作用が出てしまうかもしれません。
これらの薬で治療をしている方は、医師に相談してから服用するようにしましょう。

アイピルの副作用

吐き気がする女性

アイピルを試す場合、副作用について知っておく必要があります。
アイピルだけでなくアフターピルは服用すると、高い確率で副作用が起こる医薬品です。
アイピルの場合、有効成分としてレボノルゲストレルが含まれています。
レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ作用を持つ成分です。

アイピルは急激に女性ホルモンのバランスを変化させ、性交渉後に避妊の効果を得る事ができます。
含まれているレボノルゲストレルの量は、自然に摂取する事はないほど大量です。
人為的に通常はありえない量のホルモンが身体の外から入ってくる訳ですから、その変化に身体がついていけず様々な副作用が起こりやすくなります。

多い副作用として挙げられるのが、吐き気や嘔吐、腹痛に頭痛、イライラするといった精神的な症状、バストの痛みや違和感などです。
吐き気や嘔吐はアイピル服用後、起こりやすい副作用と言われています。
個人差はありますが、服用してから1日から2日と短期間に、このような症状が起こるので注意しましょう。

副作用で嘔吐した場合は時間によって飲み直しか決まる

どの副作用も注意したいですが、嘔吐は特に気を付けたい副作用です。
アイピルを摂取してから嘔吐してしまった場合、有効成分が吸収されておらず避妊に失敗してしまう確率が高くなるからです。
飲んでから3時間以内に吐いてしまった場合は、もう1度アイピルを必要量服用する必要があります。
摂取してから3時間以降であれば、有効成分は身体に吸収されているので飲み直しは必要ありません。

吐いてしまわないか不安という方は、市販の酔い止め薬や吐き気止めの薬を一緒に飲みましょう。
アイピルには飲み合わせの悪い薬も存在していますが、酔い止め薬や吐き気止め薬であれば併用しても効果を落としてしまったり、副作用が強く出てしまうという事もありません。

これら副作用の他に、身体のほてり感を訴える方もいます。
これはレボノルゲストレルを大量に摂取し、一時的に黄体ホルモン量が増加した事で起こる症状です。
黄体ホルモンは基礎体温を上げる女性ホルモンですので、アイピルを服用すると身体がほてっているように感じるケースがあります。

効果・効能が高い分、医薬品の副作用は切っても切れない存在です。
どのような副作用が起こりやすいのか、また対処法を事前に把握しておいて上手くアイピルを活用できるようにしておきましょう。